about lalala yoga Education Japan

マインドフルネス、身体運動、そしてソーシャル・エモーショナル・ラーニングで次世代に(生きる)力を与えます。

yogaed-fb-general (1)

lalala yoga Education Japanは、マインドフルネス、身体運動、ソーシャルエモーショナルラーニング(社会情動的スキル)に力を与え、教育することにより、子どもたちや十代の若者たちの心身の健康を改善します。lalala yoga Education Japanのトレーニングの中核は、Yoga Ed.が提供する証拠に基づいたカリキュラムとリソースです。

RCYT

Yoga Ed.キッズヨガ教育プログラムのご紹介     http://yogaed.jp/

Yoga Ed.は、ヨガの実践を通して心身の健康維持と学習支援に取り組む教育プログラムです。活動は1999年サウスセントラル・ロス・アンジェルスの学校で始まり、現在では、米国42州世界16カ国の教育現場で活用されています。勝ち負けのない身体運動であるヨガのプログラムは日本の体育教育基準に対応しており、人間関係と感情の学習SELと脳ベース学習に深く基づいています。ツールである呼吸法やポーズ、リラクゼーションを効果的に活用することで、身体的、認知的、社会性的、学習的に不可欠な能力を育てます。運動能力の発達や体力・柔軟性の向上をはじめ、心身相関の認識では子ども教師共に自己への気づきと自己調整を向上させストレス対処力を高めるなど、ライフスキルを身につけることを主眼としています。

ライフスキル

〜各クラスは、呼吸法、ヨガポーズそしてリラクゼーションから成り立っています〜
呼吸法は、生徒たちへ、どのような状況においても集中し、落ち着き、活気づき、そして自身を中心(内側)へと向けられる方法を教えます。
ヨガポーズは、心を集中させながら、身体運動や繊細さを向上させます。
ヨガのリラクゼーションは、生徒たちへ、自身の身体が必要としていることに耳を傾け、注意を向けるだけではなく、どのように意識しながらリラックスし、リチャージするかということを教えます。
内容は文化省の定める体育教育基準に沿っています。近年では学習力アップの効果も注目され、全米をはじめ世界各国の教育分野に取り入れられています。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中